大山町、大山観光局に委託事業費返還請求

スポンサーリンク

お知らせ

9月16日(日)空室あります。

今朝起きたら妻が「北海道が凄いことになっている」
台風21号の影響かと思ったら・・・震度7の大地震;
今年は災害が多すぎる。。。

こんにちは。ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)です。

日本全国が災害に見舞われている今年、大山町関連の事業所がまたやらかしました;

もう、あきれてものが言えません。

大山町、大山観光局に委託事業費返還請求

大山町が大山観光局への委託事業、一部実施されず「架空請求」

大山町が2015年(平成27年度)に大山観光局に委託したエコトラック事業で、大山観光局がNPO法人大山王国(大山中海観光推進機構)に再委託した業務の一部が実施されていなかったとして、大山観光局に188万4600円を返還請求する方針を明らかにした。

えぇ・・・

またまた大山町や大山観光局、そしてNPO法人大山王国の不正問題です。

もう、あきれてものが言えません;

以下はNHKオンデマンドより

 NHK NEWS WEB
大山町 委託先に事業費返還請求|NHK 鳥取県のニュース
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20180905/4040001177.html
大山町は、大山を周遊する観光事業を委託していた法人が事業の一部を実施していなかったとして、町が支出した188万円を返還するよう求めることを…

これは、大山町の竹口大紀町長が定例の記者会見のなかで明らかにしました。
それによりますと、平成27年度に大山町が観光客誘致のために企画した、自転車などで大山を周遊する事業の実施を一般社団法人の「大山観光局」に委託していました。
観光局は、別のNPO法人(大山王国)に業務の一部を再委託していましたが、PRに関する業務が行われた形跡がなかったことや、記録上、購入したことになっている「大山賛歌」のCDが納品されていなかったことが明らかになったということです。
このため大山町は、「大山観光局」に対し、町が支出した事業費のうち188万4600円の返還を求めることを決めました。
町によりますと、不適切な経理処理を繰り返した元観光課長が事業をチェックする役割でしたが当時は発覚せず、今になって不正経理の問題を調べるなかで明らかになったということです。
竹口町長は会見で「かなりずさんなチェックが行われたと考えられる。住民からの信頼を得られるようチェック体制やコンプライアンスの強化を図っていきたい」と述べました。

※以上NHKオンデマンドより

コンプライアンスが・・・
チェック体制が・・・

そんな事当たり前です(怒)

大山町の元職員(観光課長)は逮捕(裁判中)。大山観光局の事務局長逮捕(既に釈放)。
NPO大山王国は事件発覚後即解散(まるで追及を逃れるかの如く)。

もう、滅茶苦茶です。

いま実施されている大山開山1300年に伴う費用は大丈夫なのか?
大山参道市場オープンに伴う異常なまでの費用負担。
大山観光局の実質的子会社「㈱さんどう」への年間1千万円にも登る運営委託。
大山観光局の大山寺地区一等地への移転。

なんか、みんな怪しく思えてきます。

まぁ、こんな状態では・・・

大山の活性化・観光振興」っと行政・観光協会を含む関係団体がいくら旗を振っても住民は付いてきませんよね。。
付いてくるのは、直接利益が絡む業者(コンサルタント・イベント団体・広告代理店等)。

自分の懐ばかり肥やしているんじゃないよ!!(怒)(怒)(怒) ↑ NHKのちこちゃん風

大山の観光関連の事業者のみなさん、自力で頑張りましょう!!

ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

リヤルタイムでの空室検索はこちら

空室検索の方法はこちらの記事を参考にしてください。

大山ペンション赤いりぼん公式ページ

公式HPでリアルタイムでの空室検索ができます。

公式HPよりお得なプランはありません!← きっぱり!

オンラインでのご予約は公式サイトよりお願いします (^_^)v

ブログランキングに参加しています。1日1回下のボタンをクリック(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする