年明けうどんを大山ホワイトリゾートで食べました。

スポンサーリンク

只今PM11:00過ぎ。PM9:00頃までは屋根の雪がポタポタ溶ける音がしました。
久しぶりに気温が0℃を上回った大山あけまの森ペンション村。
天気予報では明日から少し気温が高く明日の夜から明後日にかけて纏まった「雨」の予報が・・・;雨はやめてくれー!!

今日は朝からスキーに行ったペンション赤いりぼんオーナー(2代目)です。

今日の大山ホワイトリゾートは午前中は雪質良し。午後は少し湿雪。
人も少なく「ガンガン滑れました!!」

※下界、米子市弓ヶ浜方面も雪で白くなっています。

※別にスキー場を貸切にしたわけではありません(笑)

AM9:30にスキー場に到着し、蛍の光が流れるPM5:00まで、みっちり滑りました。
今シーズン2回目と言う事と、前回同様かなりの本数を滑ったので、大回りに関しては昨年の感覚を取り戻した感があります。
小回りについてはまだ殆ど滑っていないので次回の課題。

さて今日は1月15日です※松の内は小正月である15日。

今朝NHKの「あさいち」「年明けうどん」が話題に上がっていました。

年明けうどんを食べる

年明けうどん」とは、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることで、その年の人々の幸せを祝うもので、香川の「さぬきうどん振興協議会」が提唱したのが始まりです。

年明けうどん」の定義は、「純白のうどんに1点、新春を祝う『紅い』を用い」、元旦から1月15日までに食べ、手軽に家庭でも元旦のお祝いができるというもの。

えぇ・・・

香川県のうどん普及の戦略が発祥です(笑)
そう言えばうどん消費量日本2位の埼玉県人海戦術で1位を奪い取ろうという野望を抱いているとか(笑)。香川県の人口100万人に対し埼玉県は700万人。埼玉県民が一ヶ月に今までより2杯多く食べれば日本一になるそうです(笑)

さて話を元に戻して、うどん好きの私にとってはとってもありがたい風習です。← まだ風習までにはなっていないかも?

で今日スキー場で食べたのが年明けうどん(きつねうどん・中の原スキーセンター)
紅白の白の部分は勿論うどん。で赤の部分をどうしようかと思い「一味唐辛子」を多めに投入する(苦笑い)
でコップにお水を入れようと思ったら、「紅しょうが」を発見!
迷わず「紅しょうが」を投入。

「きつねうどんに紅しょうが???」

いいんです。「年明けうどんですから!」

因みに中の原スキーセンターのうどんですが
中の原スキー場を大山町が運営していた頃は確か500円だった。
町営と言うことで他の大山エリアのロッジ・食堂よりも安かった。
指定管理者制度になってからは、550円・600円そして今年から?650円。

えぇ・・・

ちゃくちゃくと高くなっています^_^;

うどん好きで、スキーの際はかなりの確立でうどんを食べている私にとってはこの値上げは痛いなぁ。。。

ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

大山ペンション赤いりぼん公式ページ

公式HPでリアルタイムでの空室検索ができます。

公式HPよりお得なプランはありません!← きっぱり!

オンラインでのご予約は公式サイトよりお願いします (^_^)v

ブログランキングに参加しています。1日1回下のボタンをクリック(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする