大山ホワイトリゾート、リフト2日券を買うデメリット

スポンサーリンク

今日は1月20日。暦の上では「大寒」。
一年で一番寒い頃・・・

えぇ・・・

暖かいです;

流石にここ2~3日程の暖かさはありませんが、
大山ホワイトリゾートスキー場の積雪が心配です。

天気予報によると1月22日より「大寒波襲来!」の予報が!
「ふるふる詐欺」にならないよう、期待しています。

こんにちは。ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

さて今日のblogは昨日からの続き、

大山ホワイトリゾートリフト券2日券を買うことのデメリットについて

昨日のblog

大山ホワイトリゾートのリフト割引券とお得なリフト券の買い方について/Q&A

1日半滑りたいんですがリフト券、どんな風に買えばお得(安い)ですか?

ついて書きました。答えは昨日のblogで

で今日は大山ホワイトリゾートリフト券2日券を買うデメリットを書きたいと思います。

リフト券2日券を買うデメリット

えっ?割引になるし、2日目にワザワザリフト券を並んで買う必要もないのに、デメリットってあるの?

と思われる方もおられると思います。
良いことずくめのように思われる2日券リフト券ですが、デメリットもあります。

それは・・・

・・・

2日目スキーをしない予定になった場合、1日分を払い戻しする事ができない。

基本、払い戻しはないです。

例えば、
雨でビチョビチョになるから2日目はスキー&スノボをやめて観光にしようかな?
子どもが風邪引いたので滑るの止めて帰ろう。
久しぶりに滑ったので全身筋肉痛で2日目は無理。
急遽帰らないといけない事態が発生した。etc

何らかの形で、2日目スキー&スノボをしない(出来ない)場合があります。
この場合、例え前日の夕方であってもリフト券の払い戻しはありません。

そう言えばはじめに「基本」っと書いてあったけど、じゃ「例外」として払い戻ししてもらえる事があるの?」

一応あります。一応。ホントめったにありませんが;

払い戻しされる条件は?

・・・

大山ホワイトリゾートが営業できない場合」

営業できない場合です。ここで言う営業できない場合とは「全コース閉鎖」
暴風等でリフト営業が出来ない。
前日から深夜の南風や雨で雪が完全に溶けてしまった。
あまりの大雪で従業員が出勤できず営業できない。etc

こういった状態で全く営業が出来ない(全コース閉鎖)の場合のみリフト券の払い戻しがある可能性があります。逆に言うと「1コースでも営業している限りリフト券の払い戻しはありません」。

リフト2日券と言うお得なリフト券ですがデメリットがあることも理解しておいて下さい。

もし不安な方、可能性のある方は、リフト券の購入の際に窓口の方に確認してから購入するの事をお勧めします。

ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

大山ペンション赤いりぼん公式ページ

公式HPでリアルタイムでの空室検索ができます。

公式HPよりお得なプランはありません!← きっぱり!

オンラインでのご予約は公式サイトよりお願いします (^_^)v

ブログランキングに参加しています。1日1回下のボタンをクリック(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする