最近のスキー&スノボにこられるお客さんの傾向

スポンサーリンク

先週の春2番、そして昨日の初夏のような暖かさからの春3番と南風。
大山ホワイトリゾートの積雪は一気に後退し70cm;

えぇ・・・

風前の灯です;

こんにちは。ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)です。

午後からは一気に気温が下がり日が沈むと氷点下に。
物凄い寒暖の差です。

さて今日のblogは

最近のスキー&スノボにこられるお客さんの傾向

ウインタースポーツの代表と言っても良いmスキースノボ
ただスキースノボを楽しむ人口は年々減少しています。

まぁこの事はさて置き、長年ペンションを営んでいると、昔のスキースノボをする人今のそれとの違いを感じることがあります。今日はその主な点を以下に書きたいと思います。

スキー場までの交通手段。

昔のスキー&スノボ。 ツアーバス(スキーバス)。JRシュプール号。自家用車。
今のスキー&スノボ。 自家用車。レンタカー。

車でこられる方の車の種類

昔のスキー&スノボ。 4WD(SUV。昔はRVと言っていた)。ツーリングワゴン。
今のスキー&スノボ。 ミニバン。しかも「レンタカー」が多い。

自宅を出発する時間

昔のスキー&スノボ。 深夜&早朝に出発し、スキー場に朝一番に付く。
今のスキー&スノボ。 普段朝起きる時間に出発し、午前中やお昼前にスキー場に付く。

スキー場までの距離

昔のスキー&スノボ。 長距離移動。少しでもコースのよいスキー場。お洒落なスキー場を目指す。
今のスキー&スノボ。 身近にあるスキー場。できるだけ移動時間を短く。

プレイヤーの傾向

昔のスキー&スノボ。 スキーヤーが圧倒的に多い。
今のスキー&スノボ。 30代半ばより上の年齢がスキー。若者は圧倒的にスノボ。

プレイヤーの実力

昔のスキー&スノボ。 初心者・初級者が沢山いた。
今のスキー&スノボ。 スキーヤーは相対的に技術レベルが高い。スノーボーダーは昔のスキーヤーのように初心者・初級者が沢山。
※スキーヤーは昔から続けている人が多いのでレベルが高い。スノボは新規の方が多い。

パッと思いつくだけでも、昔のスキーヤー&スノーボーダーと今のスキーヤー&スノーボーダーの違いを感じます。

個人的には、「車でこられる方の車の種類」「プレイヤーの傾向」がとても気になります。

特にE、10年後スキーやはかなり減りスキー場」から「スノーボード場」に変わるのではないかと^_^;

もう少し若い人にもスキーして欲しいなぁ。。。

ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

大山ペンション赤いりぼん公式ページ

公式HPでリアルタイムでの空室検索ができます。

公式HPよりお得なプランはありません!← きっぱり!

オンラインでのご予約は公式サイトよりお願いします (^_^)v

ブログランキングに参加しています。1日1回下のボタンをクリック(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする