大山周辺のスキー場の入り込み状況(2017-2018シーズン)

今日は久々に穏やかの気候の大山
冬の間に痛んだ箇所を修復するのには絶好の天気です。

こんにちは。ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)です。

さて今日の話題は

大山周辺のスキー場の入り込み状況(2017-2018シーズン)

昨日2017-2018シーズンの大山ホワイトリゾートの客数・入り込み状況をblogに書きました。※昨日のblog

因みに大山周辺(鳥取県西部)には、大山ホワイトリゾート(大山町)・大山桝水高原スキー場(伯耆町)・奥大山スキー場(江府町)・大山鏡ヶ成スキー場(江府町)・花見山スキー場(日南町)の計5箇所のスキー場があります。

その中から、大山桝水高原スキー場・奥大山スキー場・花見山スキー場の2017-2018シーズンの客数・入り込み状況を書きたいと思います。

大山桝水高原スキー場(伯耆町2017-2018シーズン)の入り込み客数

客数 5,200人

因みに大山桝水高原スキー場はい2~3年前から平日は夕方からのナイター営業のみ。
土・日は昼間も営業と言う営業スタイルをとっています。

奥大山スキー場(江府町2017-2018シーズン)の入り込み客数

客数 17,400人

尚、奥大山スキー場は2018年度を持って町営での営業を終了します。
当初はリフトの対応年数が来る2017年度を持って町営での営業を終了する予定でしたが、指定管理者が見つからず、2018年度まで町営で営業をするとの事です。この間も引き続き指定管理者を募集。もし指定管理者が見つからないようであれば奥大山スキー場は廃止されるようです。※大山スキー場について以前かいたblog

花見山スキー場(日南町2017-2018シーズン)の入り込み客数

客数 4,800人

花見山スキー場は中国山地・岡山県境にあるスキー場です。積雪量が他の鳥取県西部のスキー場に比べて少ないのとアクセスが少し不便。

大山鏡ヶ成スキー場のデータはありませんが、大山ホワイトリゾートを含む鳥取県西部に位置するスキー場はとても厳しい経営環境に立たされていると思われます。

これはかくまで個人的な意見ですが、昨今のスキー&スノボ客の減少(特に西日本)により、抜本的改革(駐車場からのアクセスやスキー場の数を減らし、少ない客数を少ない箇所に集中する)等の改革をしなければ、これからますます厳しくなるのではないかと思います。

スキー好きにとっては寂しい限りですが・・・(T_T)

ペンション赤いりぼんオーナー(2代目)

ゴールデンウィークの空室状況

4/28・29・4・5 ペンションのツイン・トリプル ×
5/3コテージのみ空きがあります。

※空室状況についてはblogの記事を書いた時点の状況です。

大山ペンション赤いりぼん公式ページ

公式HPでリアルタイムでの空室検索ができます。

公式HPよりお得なプランはありません!← きっぱり!

オンラインでのご予約は公式サイトよりお願いします (^_^)v

ブログランキングに参加しています。1日1回下のボタンをクリック(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ ペンションへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする